定年退職する頃は二人暮らし


老後に暮らしたい家

私は配偶者が居ますので、子供達が自立すれば恐らく定年退職する頃は二人暮らしになるのではないかと思います。
ログハウスのような外観、内装で、薪ストーブがある家に住んでみたいです。

二人暮らしなら、間仕切りをあまり設けず、広々とした空間で生活したいです。例えるなら、一続きの部屋の意味であるスイートルームのような間取りが理想です。

薪ストーブには憧れます。冬の寒い日に、ゆらゆらと揺れている炎を眺めながら、コーヒーを飲みつつ、ロッキングチェアーで昼寝なんて、最高だろうなと思います。

夏の暑い日には、蚊取り線香の香りがするような縁側、濡れ縁などで夕涼みしながら、ビールなどを一杯なんていうのも、最高だろうなと思います。

四季が身近に感じられるような庭作りをし、自足自給がある程度できて、ゆったりとした時間を過ごしたいなと考えます。
現在は、ハウスメーカーで建てていただいた家に住んでいます。

二世帯暮らしなので、間仕切りがはっきりしていてプライベートが保たれています。

これといって不自由な点はありませんが、今回考えさせられたのは「無い物強請り」って言葉で片付けられそうです。

話題の不動産についての話は便利なココで情報収集しましょう


Copyright (C)2017住まいに関わる法律いろいろ.All rights reserved.